2007年5月号

T.繊維学会誌、繊維機械学会誌等に2007年4月号で掲載された化学繊維素材の紹介記事

1.繊維学会誌
(1) 繊維織物の風合いにおける苦心と挑戦−織物構造内、繊維相互間微細距離制御の歴史−
  岡本三宜、峯村勲弘、繊維と工業、Vol.63,No.4 (2007)p84〜p88
 風合いに寄与する因子は、a.素材と形態と物性、b.構造と密度、繊維分布、c.繊維相互の分散度、d.油剤、滑り剤、表面加工剤、e.複合素材との相互関係、組合せ方、f.織り組織、厚み、縮み、g.糸の撚り、h.工程テンション(撚糸、織、染色加工、仕上げ)、i.揉みほぐし、またはリラックスさせる機械、などである。
 生産工程における風合いへの影響として、張力と繊維集合体を構成する繊維相互間距離の制御がある。張力を掛けると糸は細くなり、繊維間距離が接近し小さくなり硬くなる。張力、押さえ圧を軽減したり繊維間距離を回復させるリラクサーのような装置もある。 
風合いの良い糸や織物には捲縮が極めて重要である。羊毛と絹の捲縮、レーヨンの捲縮付与、合成繊維の捲縮付与、異収縮混繊、など捲縮付与による風合い改良技術について解説。また、減量加工による風合い改良、米字形複合紡糸技術による鋭角断面繊維による風合い改良などがある。

(2) 高性能繊維補強セメント系複合材の開発
  保城秀樹、繊維と工業、Vol.63,No.4 (2007)p94〜p98
 セメント系材料と補強用の短繊維を用いた複合材料をECC(Engineering Cenmentitious Composite)という。一軸引張り応力下において疑似ひずみ硬化特性を示し、微細で高密の複数ひび割れを形成する高靱性材料である。ECCへPVA繊維が利用されている。ECC用繊維で重要な要因は繊維の引張り強度と付着強度である。繊維強度と付着強度が高いほど架橋性能が向上する。ビニロンは、アスベスト代替セメント補強用繊維として、引張り強度、引張り弾性率、耐薬品性(特に耐アルカリ性)、耐久性、並びにセメントとの高い親和性を有する。繊維表面を特殊な方法で改質したPVA繊維がパワロンRECタイプである。同繊維の施工例を紹介している。プレキャスト耐振部材として、世界ではじめて超高層RC住宅(グローリータワー六本木、ナビューレ横浜タワーレジデンス)のコア壁連結梁にECCが採用された

2. 繊維機械学会誌
4月号では、化学繊維技術関係の記事無し。


U.化繊協会加盟会社の直近1カ月の特許出願状況 (4月公開分)
化学繊維及び化学繊維テキスタイル関係のみ
出願人 公開番号 発明の名称 課題
帝人 特 開
2007-109671
アラミド薄葉材およびその製造方法 電気・電子部品における導電部材間の隔離板として好適な、密度、通気性及び強度がともに満足する範囲内にある耐熱性にすぐれたアラミド薄葉材を提供すること。
【解決手段】 下記不等式(1)を満たす、ファイブリッド含量[FB](重量%)、密度ρ及び坪量[BW](g/m2)を有し、かつ引張強度が0.33kN/m以上であることを特徴とするアラミド薄葉材。2.5<[FB]×ρ×[BW]<170
特 開
2007-107160
短カットナノファイバーの製造方法および湿式不織布 繊維 直径が10〜1000nmでありかつ水分散性が良好な短カットナノファイバーの製造方法、および該製造方法により得られた短カットナノファイバーを用いてなる湿式不織布を提供する。
【解決手段】繊維 形成性熱可塑性ポリマーからなりかつその島径(D)が10〜1000nmである島成分と、前記の繊維 形成性熱可塑性ポリマーよりもアルカリ水溶液易溶解性ポリマーからなる海成分とを有する複合繊維 を、島径(D)に対する繊維 長(L)の比(L/D)が100〜2500の範囲内となるようにカットした後に、該複合繊維 にアルカリ減量加工を施す。
特 開
2007-100259
メタ型芳香族ポリアミド繊維の製造法 湿式紡糸方によりメタアラミド繊維 を製造するに当たり、繊維 間の密着がなく、力学的特性に優れ、熱的性質も良好なメタアラミド繊維 を、実質工業生産レベルにて有利に生産し得る方法を提供する。
【解決手段】メタ型全芳香族ポリアミド重合体溶液を湿式紡糸し、凝固浴から空気中に引き出した糸条を、10秒以内に、アミド系溶媒の水性溶液からなる−20〜20の第1調整浴に浸漬した後、アミド系溶媒の水性溶液からなる40〜90でかつ第1調整浴よりも高温の第2調整浴に浸漬し、次いで、アミド系溶媒の水性溶液からなる可塑延伸浴中にて延伸し、しかる後熱処理する方法により、上述の課題を達成する。
特 開
2007-100253
海島型複合繊維の製造方法 繊維 径が均一な極細繊維 が得られる海島型複合繊維 を生産性よく製造する方法を提供する。
【解決手段】易溶解性ポリマーを海成分、難溶解性ポリマーを島成分として海島型に複合した溶融ポリマーを紡糸口金から溶融吐出し、海島型複合繊維 を製造する方法において、海:島の面積比率が40:60〜10:90、易溶解性ポリマーを5−ナトリウムスルホイソフタル酸を6〜12モル%および分子量4000〜12000のポリエチレングリコールを3〜10重量%共重合したポリエチレンテレフタレート系ポリエステルとし、該複合繊維 の繊維 直径(R)、島成分の平均直径(r)、該複合繊維 横断面の中心を通り互いに45度の角度毎に4本の直線を引いたときこの直線上にある島成分の間隔の平均値(S)、繊維 外周に最も近い島成分と繊維 外周との間隔(So)について特定の関係式を満足させ、引取り速度を2000〜5000m/minとする。
特 開
2007-100245
補強用繊維の製造方法 ゴムや樹脂との接着力に優れ、部分的な接着斑が少なく連続処理性に優れた補強用繊維 の製造方法を提供すること。
【解決手段】繊維をプラズマ処理する方法であって、該プラズマ処理が2つの電極間のプラズマ化空間を通過したプラズマ生成ガスと、反応性ガスからなる吐出流によって、プラズマ化空間の外部に位置する繊維を処理することを特徴とする。さらに反応性ガスがプラズマ化空間を通過しないものであることが好ましい。また、プラズマ処理後の繊維 表面に高分子からなる膜が形成されていることや、該高分子が、側鎖にアミド基、水酸基、カルボキシル基からなる群から選ばれた少なくとも1種の基や、アミド結合またはエステル結合を有することが好ましい。
特 開
2007-100244
帯電抑制織物 繊維 径が均一であり各用途に応用展開可能な高タフネス極細繊維 を得ることができる高タフネス極細繊維 用複合繊維 を提供する。
【解決手段】易溶解性ポリマーを海成分、難溶解性ポリマーを島成分とする海島型複合繊維 とし、海成分:島成分の比率を重量を基準として10:90〜60:40とし、繊維 横断面における、繊維 直径(R)及び島成分の平均直径(r)と、該繊維 横断面の中心を通り互いに45度の角度毎に4本の直線を引いたときこの直線状にある島成分の間隔の、平均値(S)及び最大値(Smax)が以下の関係式(I)及び(II)を満たし、海成分溶解後の繊維 のタフネスが20以上である高タフネス極細繊維 用海島型複合繊維 とする。0.001≦S/r≦0.5(I)Smax/R≦0.15 (II)
特 開
2007-100243
高タフネス極細繊維用海島型複合繊維 繊維径が均一であり各用途に応用展開可能な高タフネス極細繊維 を得ることができる高タフネス極細繊維用複合繊維を提供する。
【解決手段】易溶解性ポリマーを海成分、難溶解性ポリマーを島成分とする海島型複合繊維とし、海成分:島成分の比率を重量を基準として10:90〜60:40とし、繊維 横断面における、繊維直径(R)及び島成分の平均直径(r)と、該繊維 横断面の中心を通り互いに45度の角度毎に4本の直線を引いたときこの直線状にある島成分の間隔の、平均値(S)及び最大値(Smax)が以下の関係式(I)及び(II)を満たし、海成分溶解後の繊維 のタフネスが20以上である高タフネス極細繊維用海島型複合繊維とする。0.001≦S/r≦0.5(I)Smax/R≦0.15 (II)
特 開
2007-100022
ポリマードープの調整方法 耐熱性及び力学的性質の優れた剛直ポリマー成形体、特に繊維 、フィルム、パルプ状粒子を製造する際に有用な成形用原液となり得る成形用ポリマードープの調整方法を提供する。
特 開
2007-098013
車輌の座席シート用構造体 非常に快適な座り心地が得られると共に、長期間使用してもへたりが少なくて耐久性に優れ、またリサイクル性、安全性に優れ、さらにクッション体と表皮カバー体との係合着脱操作性及び係合耐久性にも優れた、車輌の座席シート用構造体を提供する。
【解決手段】ポリトリメチレンテレフタレート系捲縮短繊維 と特定の弾性複合繊維 とが立体的に絡み合い、これらの交叉部が弾性複合繊維 の熱融着により形成された可撓性熱固着点により固着された平坦な表面を有するクッション体2の上面表面層に、表皮材7と面ファスナー雄材8とからなる表皮カバー体3の該雄材8のフック部8aを直接に侵入させて係合することによりクッション体2と表皮カバー体3とを着脱自在に接合する。
特 開
2007-092238
繊維構造体の製造方法 繊維 構造体の繊維 構造を実質的に変えずに繊維 構造体の繊維 径を制御する、繊維 構造体の製造方法を提供すること。
【解決手段】静電紡糸法により繊維 構造体を製造する方法において、紡糸ノズル先端に紡糸溶液の液滴を生じさせない条件下で、紡糸ノズル径を変えることにより、前記繊維 構造体の繊維 構造を実質的に変えずに繊維構造体の繊維径を制御することを特徴とする、繊維 構造体の製造方法。
特 開
2007-092237
静電紡糸法による繊維構造体の製造方法 静電紡糸法による繊維 構造体の製造方法、さらに詳しくは、静電紡糸法による繊維 形成性物質の繊維構造体の製造方法において、均一な繊維 構造体を安定製造するための手法を提供すること。
【解決手段】静電紡糸法により繊維形成性物質よりなる繊維 構造体を製造する方法において、当該繊維形成性物質含有溶液を紡出する、少なくとも一つの紡糸部(A)に連結させた、少なくとも一つの当該溶液の貯槽(B)に、少なくとも一つの圧力制御装置(C)を介して非凝縮性ガスを連続的に導入し、当該ガスの圧力で以って当該溶液を当該紡糸部(A)へ送液する。
特 開
2007-092236
臭いを吸着可能な布帛およびその製造方法および繊維製品 優れた臭気吸着性を有し、フレキシブルで形態安定性に優れた酸性およびアルカリ性臭いを吸着可能な布帛およびその製造方法および繊維 製品を提供する。
【解決手段】島成分がポリエステルからなり、かつ島成分の径が10〜1000nmである海島型複合繊維を用いて、目付が30〜300g/であるポリエステル布帛を作製した後、前記海島型複合繊維 の海成分をアルカリ水溶液で溶解除去し、必要に応じて繊維 製品とする。
特 開
2007-092235
短繊維、その製造方法及びその発生前駆体 繊維直径と繊維長の分布が少ない均一な繊維直径1μm以下の超極細短繊維 を提供する。
【解決手段】熱可塑性樹脂からなり、繊維直径が10〜1000nm、以下に定義する繊維直径変動係数(CVd)が0〜15、繊維長が50〜1000μm、以下に定義する繊維長変動係数(CVl)が0〜20であって、かつアスペクト比(=繊維長/繊維直径)が100〜2000であることを特徴とする短繊維 によって解決することができる。 繊維直径変動係数(CVd)=σd/Xd×100(%)[但し、繊維 直径は繊維 断面における長径と短径の平均値とし、σdは繊維直径分布の標準偏差、Xdは平均繊維直径を示す。] 繊維長変動係数(CVl)=σl/Xl×100(%)[但し、σlは繊維 長分布の標準偏差、Xlは平均繊維 長を示す。]
特 開
2007-092215
静電紡糸法により繊維構造体を製造する方法および装置 繊維構造体を製造する方法および装置、さらに詳しくは静電紡糸法により繊維 形成性物質の繊維構造体を清掃する方法および装置において、当該繊維 構造体を搬送する際に発生する毛羽立ちや剥離の問題を解消し、均一な形状を維持したまま、当該繊維 構造体を製品として得ることができる方法および装置を提供すること。
【解決手段】静電紡糸法により繊維 形成性物質の繊維構造体を製造する方法において、基材および基材上に積層した当該繊維構造体の搬送に寄与するロールの表面と、当該繊維構造体が接触する部位に微粒子を噴霧する。
特 開
2007-092214
静電紡糸法による繊維構造体の製造方法 静電紡糸法により繊維 形成性物質の繊維 構造体を製造する方法において、不意に発生する製造工程異常を容易に解消し、繊維 構造体の連続製造を安定的に維持させる方法を提供すること。
【解決手段】静電紡糸法により繊維 構造体を製造する方法において、正極または負極に帯電させた繊維 形成性物質含有溶液(B)を紡出する紡出部(A)を、切り替え可能となるよう複数配設し、少なくとも1部の当該紡糸部(A’)は運転下に置き、当該運転に供されないその他の当該紡糸部(A”)は、当該紡出部を再生する再生運転に付す。
特 開
2007-092213
静電紡糸法により繊維構造体を製造する装置および方法 静電紡糸法により繊維 構造体を製造する装置および方法、さらに詳しくは静電紡糸法により繊維 形成性物質の繊維 構造体を製造する装置および方法において、表面の毛羽立ちが少なく、かつ積層斑の少ない当該構造体を、連続的に、かつ安定して基材上に得ることができる装置および方法を提供することにある。
【解決手段】正または負に帯電させた繊維 形成性物質含有溶液の紡出口を複数有する、少なくとも2以上の紡糸ノズル(A)より、当該ノズルとは逆の極性に帯電させた、もしくは接地させた電極に向けて当該溶液を紡出し、当該ノズルと当該電極間を連続的に移動する基材上で繊維 構造体を得る、静電紡糸法による繊維 構造体の製造装置であって、少なくとも1以上の当該ノズル(A)毎に少なくとも1以上の除電装置(B)を配設し、当該繊維 構造体および/または基材の表面を除電しながら当該基材を連続的に移動させることを特徴とする静電紡糸法による繊維 構造体の製造装置。
特 開
2007-092212
静電紡糸法により繊維構造体を製造する装置および方法 静電紡糸法により繊維 構造体を製造する装置および方法、さらに詳しくは、静電紡糸法により繊維 形成性物質の繊維 構造体を製造する装置および方法において、安全かつ安定した当該繊維 構造体の製造が行える方法および装置を提供すること。
【解決手段】断面積Ahの紡出口をNh個有する紡糸部(A)を少なくとも1段用いて、静電紡糸法により繊維 形成性物質よりなる繊維 構造体を製造する装置であって、任意の当該紡糸部(AN)1段に設けられた紡出口の断面積の合計Ah・Nhと、当該任意の1段の紡糸部(AN)に当該繊維 形成性物質を含有する溶液を送液するための配管(B)の断面積Atとの比At/(Ah・Nh)を1〜1000の範囲とする。
特 開
2007-092211
静電紡糸法により作製された繊維集合体の嵩密度制御方法 繊維 集合体を構成する繊維の、繊維 構造を実質的に変えずに、繊維 集合体の嵩密度を制御する、嵩密度制御方法を提供すること。
【解決手段】極性溶媒を含む溶媒を用いて静電紡糸するに際し、紡糸雰囲気中の前記極性溶媒の蒸気濃度を制御する。
特 開
2007-092210
繊維構造体の製造方法および製造装置 極めて簡便な方法で繊維 構造体の均質性や生産効率を改善した静電紡糸法を提供すること。
【解決手段】静電紡糸法により繊維 構造体を製造する方法において、紡出する糸を捕集するための捕集基材として、導電性物質を含み、繊維 径が1〜20μmの繊維 からなる織布を用いる。
特 開
2007-092209
耐熱性布帛及びそれからなる耐熱性防護服 遮熱性に優れた嵩高耐熱性布帛を得るとともに、この耐熱性布帛を用いて製造された耐熱性防護服を提供する。
【解決手段】アラミド繊維 、ポリベンゾイミダゾール繊維 、ポリイミド繊維 、ポリアリレート繊維 、ポリパラフェニレンベンゾビスオキサゾール繊維 等々の、繊維長が25〜1400mmの範囲にある単繊維から構成された繊維束からなり、しかも、該繊維束はその伸縮伸張率が2.0〜5.0%の範囲であり、捲縮状を呈する長繊維 牽切加工糸を製織する。
特 開
2007-092191
片面撥水性二重織物および繊維製品 二重織物であって、織物の厚さや織密度を高めることなく、片面のみが撥水性を呈することによりべとつきを防止できる片面撥水性二重織物および繊維製品を提供する。
【解決手段】二重織物であって、糸条の段階で撥水加工された糸条Aで表面側が構成され、かつ撥水加工されていない糸条Bで裏面側が構成されてなることを特徴とする片面撥水性二重織物。
特 開
2007-092190
片面撥水性多層構造織編物およびその製造方法および繊維製品 2層以上の多層構造を有する多層構造織編物であって、織編物の厚さや織編密度を高めることなく片面撥水性を呈する片面撥水性多層構造織編物およびその製造方法および繊維 製品を提供する。
【解決手段】撥水加工された糸条Aを表面層に配し、かつ撥水加工されていない糸条Bを裏面層に配して、2層以上の多層構造を有する多層構造織編物を製編織し、必要に応じて、スキーウエアー、ウインドブレーカー、ゴルフウエアー、Tシャツ、コート、ジャケット、パンツなどの繊維 製品を得る。
特 開
2007-092189
遮光用布帛 紡糸工程中の糸切れや布帛の風合い、ドレープ性の低下を解決し、遮光性に優れた遮光用布帛を得ること。
【解決手段】 フィラメントの断面形状が2個所以上のくびれ部を有する断面扁平度2〜6の扁平断面であり、カーボンブラックの含有量が0.5〜5重量%である繊維形成性熱可塑性ポリマーからなるマルチフィラメントを用いた遮光用布帛を得る。
特 開
2007-089653
縫合糸およびその製造方法 生体適合性の熱可塑性樹脂からなる微細繊維 である引張り強度、柔軟性が改善された取扱い性が良好な縫合糸およびその製造方法を提供する。
【解決手段】生体適合性の熱可塑性樹脂からなり、平均繊維径が10〜1000nmの微細繊維束からなる、引張り強度が1.5cN/dtex以上、結節強度が1.5〜6.0cN/dtexの縫合糸。
特 開
2007-084974
ポリエステル繊維構造体およびその製造方法 カチオン染料可染性ポリエステル繊維 で構成されるポリエステル繊維 構造体であって、耐光性に優れかつ洗濯耐久性に優れたポリエステル繊維 構造体およびその製造方法を提供する。リエステル繊維 構造体。
【解決手段】カチオン染料可染性ポリエステル繊維で構成されるポリエステル繊維構造体であって、前記カチオン染料可染性ポリエステル繊維を形成するカチオン染料可染性ポリエステル中に、ヒンダードアミン系光安定剤が含まれることを特徴とするポリエステル繊維構造体。
特 開
2007-084973
銀付調人工皮革およびその製造方法 ソフトな風合いを持った柔軟な銀付調人工皮革、特に表面に銀面層を有するにもかかわらず突っ張り感が少ない銀付調人工皮革とその製造方法を提供すること。
【解決手段】極細繊維 と高分子弾性体からなる繊維質基材の表面に高分子弾性体からなる銀面層が付与された人工皮革であって、銀面層の厚さが10〜200μmであり、該繊維 質基材を構成する繊維 の見掛密度が0.1〜0.3g/cm3であり、人工皮革の剪断剛性の値が0.01〜0.05N/cm・degであることを特徴とする。また製造方法は、極細繊維 形成性の多成分繊維 から構成される繊維 構造体に濃度が10重量%以下の高分子弾性体溶液を含浸、凝固して得られる基体層と、該基体層より低伸度の支持層とから構成されている基材から、該多成分繊維 中の少なくとも一成分を抽出除去する極細繊維 化処理を行い、該処理後に支持層の物理的な除去、および表面に高分子弾性体を2〜50g/塗布することを特徴とする。
特 開
2007-084972
皮革様シート状物およびその製造方法 柔軟でありながら型くずれしにくく、さらには装着感が優れているにもかかわらず縫製しやすい衣料用途、特に手袋用途に適した皮革様シート状物とその製造方法を提供すること。
【解決手段】極細繊維 と高分子弾性体からなるシート状物であって、該シート状物における20%伸長応力σ20の最も大きい方向のσ20Lと直交方向のσ20Cが0.35N/以下であり、比σ20L/σ20Cが5以上であることを特徴とする。また少なくとも一方の表面が高分子弾性体からなる表皮層を有することや、極細繊維 からなる立毛を有することが好ましい。また本発明の製造方法は、繊維と高分子弾性体からなるシート状物を該高分子弾性体を膨潤させる溶剤中に浸漬し、次いでシート状物を5〜15%の範囲で伸長し、伸長した方向と直交する方向に10〜40%の範囲で収縮させる加工を行うことを特徴とする。
特 開
2007-084956
耐薬品性が向上されたパラ型芳香族ポリアミド繊維の製造方法 パラ型芳香族ポリアミド繊維 が本来有する高強度や耐熱性を損なうことなく、単繊維1本1本のオーダーまで均一に処理が可能で、紙、不織布などのチョップド繊維 の状態でも高い耐薬品性を有するパラ型芳香族ポリアミド繊維 の製造方法を提供すること。
【解決手段】パラ型芳香族ポリアミド繊維を、下記式を満足する温度範囲T()内で、定長もしくは無緊張下で熱処理する。
特 開
2007-084941
導電性芳香族ポリアミド繊維 実使用における摩耗や繰り返し洗濯といった外的作用に強く、長期の使用に耐えうる導電性芳香族ポリアミド繊維 を提供すること。
【解決手段】導電性微粒子が繊維中に均一に存在しており、温度20、湿度65%RHにおける体積固有抵抗値が1×〜1×オーム・cmである導電性芳香族ポリアミド繊維 であって、該芳香族ポリアミド繊維の乾熱および沸水収縮前後の体積固有抵抗値の対数値の変動率が30%以下である。
特 開
2007-084649
炭素繊維複合シート及びその製造方法 表面光沢度の高く意匠性に富んだ、放熱性・電磁波シールド性の高い炭素繊維複合シートを提供する。
【解決手段】3次元ランダムマットと熱可塑性樹脂を複合化する際に、成形体表面の当該樹脂濃度が高くなるようにする。
特 開
2007-084648
安定化されたポリエーテルエステルエラストマー及び弾性繊維 高い吸水性と熱安定性を兼ね備え、さらには耐光性も改善されたポリエーテルエステルエラストマー及び繊維を提供する。
【解決手段】一般式(1)で表される有機スルホン酸金属塩が共重合されたポリブチレンテレフタレートをハードセグメントとし、ポリオキシエチレングリコールをソフトセグメントとするポリエーテルエステルエラストマーであり、チタン化合物を主たる触媒として製造されたものであって、かつ該チタン化合物の少なくとも一部がリン化合物によって不活性化されていることを特徴とする。このポリエーテルエステルエラストマーを紡糸してなる弾性繊維 。
特 開
2007-084647
ポリエーテルエステルエラストマーおよびそれからなる弾性繊維 高い吸水性と熱安定性を兼ね備えさらには耐光性も改善されたポリエーテルエステルエラストマー及び繊維 を提供する。
【解決手段】下記一般式(1)で表される有機スルホン酸金属塩が共重合されたポリブチレンテレフタレートをハードセグメントとしポリオキシエチレングリコールをソフトセグメントとするポリエーテルエステルエラストマーであって、固有粘度が1.20dL/g以上、末端カルボキシル基濃度が20〜45当量/トンであることを特徴とするポリエーテルエステルエラストマー。
特 開
2007-084400
コンクリート補強用材料 長期にわたり機械的特性が維持できるコンクリート補強用材料を提供すること。
【解決手段】繊維 に熱可塑性樹脂及び/又は熱硬化性樹脂が含浸された繊維 収束物からなり、該繊維 収束物が長さ4mm以上、断面直径100μm以下の繊維 を含み、繊維の体積比率が20〜60%であって、且つ該繊維 収束物の吸水率が20%以下である。

出願人 公開番号 発明の名称 課題
東レ 特 開
2007-110138
電磁波シールド成形品、および、その製造方法 他の構造部材と容易に一体化でき、かつ、接合される部材間の優れた接着強度有し、力学特性、軽量性に優れ、かつ、廃棄時には容易に解体ができる電磁波シールド成形品を提供する。
【解決手段】多数本の連続したフィラメントからなる導電性繊維群が配置された樹脂からなる第1の構造体A3と、不連続な炭素繊維 を含み、該炭素繊維の重量平均繊維 長Lwが、0.4mm以上で、かつ、重量平均繊維 長Lwと数平均繊維長Lnとの比Lw/Lnが、1.3乃至2.0である熱可塑性樹脂からなる第2の構造体B3とが一体化されてなる成形品であって、前記第1の構造体A3のKEC法にて測定される周波数1GHzにおける電磁波シールド性が、40dB以上である電磁波シールド成形品。
特 開
2007-107142
紡績糸およびそれを用いてなる布帛 衣料用途に適するソフト性を有しながら、耐フィブリル化を改善するセルロースエステル短繊維 を紡績して得られる紡績糸およびその紡績糸を含む布帛を提供する。
【解決手段】少なくとも一部のアシル基が炭素数3以上であるセルロースエステルを主成分とする熱可塑性組成物からなり、伸度が5〜40%であり、かつ繊維 長が25〜150mmであるセルロースエステル短繊維を、少なくとも20wt%以上含有してなることを特徴とする紡績糸
特 開
2007-107139
防護用布帛およびその製造方法 突き刺し抵抗性及び耐切創性に優れ、しかも、ごわごわ感がなく、作業性に優れた、防護用布帛およびその製造方法を提供する。
【解決手段】下記式(1)で示されるカバーファクター(CF)が1200〜2200の範囲にある布帛表面の繊維がマイクロフィラメント化して絡み合っていることを特徴とする防護用布帛。前記布帛は、式(1)で示されるカバーファクター(CF)が1200〜2200の範囲にある布帛に、高圧流体噴射加工を施し、該布帛表面の繊維をマイクロフィラメント化して絡まり合わせることにより製造される。
特 開
2007-107124
断続発泡繊維およびその製造方法並びに釣り用仕掛け 比重調整が容易で高強度を有し、特に釣り用仕掛けに適した芯鞘複合型発泡繊維およびその効率的な製造方法の提供。
【解決手段】繊維 断面が発泡性の鞘樹脂と非発泡性の芯繊維 よりなる芯鞘複合型発泡繊維 であって、鞘樹脂からなる被覆部が芯繊維を断続的に被覆して、この芯繊維に非被覆部を形成していることを特徴とする。被覆部の長さが0.5〜10cm、非被覆部の長さが5〜50cmであり、被覆部と非被覆部が連続的に存在する。
特 開
2007-107118
光触媒担持フッ素繊維からなるパルプおよびそれを用いたペーパー 本発明は、光触媒を強固に担持し、かつ、優れた光触媒性能を有し、さらには、繊維同士の交絡性を向上した光触媒担持フッ素繊維 からなるパルプおよびそれを用いたペーパーを提供せんとするものである。
【解決手段】本発明の光触媒担持フッ素繊維 からなるパルプは、光触媒担持フッ素繊維からなるパルプであって該繊維が分枝構造もしくはフィブリル構造を有し、かつ、該分枝構造もしくはフィブリル構造部分が捲縮を有する部位を含むことを特徴とするものである。
特 開
2007-107106
炭素繊維前駆体繊維用ポリアクリロニトリル系重合体およびその製造方法 繊維強化複合材料に成形した際に、優れた機械特性、特に優れた圧縮強度が得られる炭素繊維および黒鉛化繊維を供給するための炭素繊維前駆体繊維用ポリアクリロニトリル系重合体およびその製造方法を提供する。
【解決手段】 シクロデキストリン等の環状化合物存在下でアクリロニトリルと共重合成分とを重合し、湿式または乾湿式紡糸法により紡糸する炭素繊維 前駆体繊維 用ポリアクリロニトリル系重合体および繊維 の製造方法。
特 開
2007-100280
C型断面ポリエステル繊維の製法 吸水拡散性、保水性、水分放散性に優れたC型断面を有するポリエステル繊維 を容易且つ安定に製造し得る方法を提供する。
【解決手段】 孔径A=0.38〜0.52mmの紡糸吐出孔1個当たりの円周上に略均等配置した5〜9個の孔を有する紡糸口金から紡出された紡出糸を、紡糸口金直下に設けた冷却筒中を通過せしめる際、前記冷却筒から放出される流体が前記紡出糸と垂直に接触する点で前記紡出糸のポリマーの接着を阻害することによりC型断面を形成することを特徴とするC型断面ポリエステル繊維の製法、およびこの方法により製造された、単糸繊度2.2dtex以下、捲縮数10山/25mm以上、捲縮度が15%以上であることを特徴とするC型断面ポリエステル繊維 。
特 開
2007-100260
セルロース脂肪酸エステル組成物およびそれからなる繊維およびその製造方法 本発明の課題は、鮮明発色性を有し繊維 間摩擦抵抗の低い、特にニットに代表される衣料用に適した繊維 のためのセルロース脂肪酸エステル組成物、およびそれからなる繊維 とその製造方法を提供することにある。
【解決手段】 アシル基の少なくとも一部が炭素数3〜18であるセルロース脂肪酸エステル70〜99.9重量%と高級脂肪酸モノカルボン酸エステル、脂肪酸アミド、シリコーン共重合体から選ばれる少なくとも1種を0.1〜5重量%とを少なくとも含んでなることを特徴とするセルロース脂肪酸エステル組成物であり、このセルロース脂肪酸エステル組成物を溶融紡糸することにより、良好な力学特性を有する繊維 を得ることができる。
特 開
2007-100250
炭素繊維束 優れたサイジング剤性能を有し、かつ繊維長さ方向の引張強度と圧縮強度に優れ、かつ繊維長さ方向に垂直な方向の引張強度および層間剪断強度に優れた炭素繊維 強化複合材料を与える炭素繊維 束を提供する。
【解決手段】  
特 開
2007-100249
人工皮革およびその製造方法 本発明の目的は、分散化が非常に困難であったナノファイバーレベルの超極細繊維を、人工皮革表面に均一に分散させることにより、従来の極細繊維では達成し得なかった極めて緻密な表面状態と優れた平滑性を有し、高性能研磨布やワイピングクロスに好適に用いられる人工皮革を提供することにある。
【解決手段】数平均による単繊維 繊度がであり、単繊維 繊度がの範囲内の繊維 の比率が60%以上である極細繊維 を表面に有する人工皮革であって、表面に露出した単繊維 繊度の極細繊維 間の交差点が、走査型電子顕微鏡(SEM)を用いて2000倍にて観測した0.01mm2の範囲50ヶ所において、平均で500ヶ所以上存在することを特徴とする人工皮革。
特 開
2007-100230
無機粒子担持ポリテトラフルオロエチレン繊維およびその製造方法 無機粒子を担持させ、且つ繊維 強度が劣化しにくいPTFE繊維 を得る。
【解決手段】ポリテトラフルオロエチレン繊維 の表面に無機粒子の一部が露出しており、かつ前記繊維が複数の凸部を含む繊維 断面または扁平の繊維 断面を有することを特徴とする無機粒子担持ポリテトラフルオロエチレン繊維 。およびマトリックスとしてのビスコースとポリテトラフルオロエチレンの水分散液との混合液を、硫酸濃度7〜13%、硫酸ソーダ濃度7〜15%を含有する凝固浴中に複数の口金孔から吐出し、紡糸、精練した後、1〜5%のリラックスを与えながら80以上320未満の温度で半焼成した後、320〜380の温度で焼成を行ない、繊度が1.5dtex以上18.0dtex以下であって、且つ繊度ばらつきが10%以下である上記ポリテトラフルオロエチレン繊維 を製造することを特徴とするポリテトラフルオロエチレン繊維 の製造方法。
特 開
2007-100225
アクリル繊維およびその製造方法 アンチモンまたはハロゲン化物を使用すること無く、難燃性の付与が可能であり、かつアクリル繊維 が持つ肌さわり、腰感、光沢、透明性といった本来の風合いを損なわないアクリル繊維 を提供する。
【解決手段】ハイドロタルサイトを単繊維重量当り3 〜 20wt%含有することを特徴とするアクリル繊維 、および少なくとも90モル%以上のアクリロニトリルと10モル%以下の不飽和ビニル化合物との共重合体を有機溶媒に溶解させた溶液に、ハイドロタルサイトのスラリーを添加して紡糸原液とし、これを湿式紡糸することを特徴とするアクリル繊維 の製造方法。
特 開
2007-098259
フィルター基材およびフィルターユニット 本発明の課題は、高捕集性能で、なおかつダストの目詰まりが起こりにくく長期の利用にも耐え得るフィルター用不織布を提供する。
【解決手段】熱可塑性連続フィラメントからなる不織布からなり、該熱可塑性連続フィラメントが高融点成分と低融点成分とからなり、該不織布が部分的に熱圧着されたものであって、なおかつ非熱圧着部分の繊維が融着することなく圧縮されていることを特徴とするフィルター基材。
特 開
2007-096014
電波吸収体およびその製造方法 優れた電波吸収性能を有するとともに、軽量性、力学的特性に優れ、さらに複雑形状に成形することができる電波吸収体を、安価に提供する。
【解決手段】少なくとも導電性短繊維 23と非導電性短繊維 21とを含む不織布22と樹脂で構成される複合材料からなる電波吸収体の製造方法において、少なくとも前記不織布を成形型内に配置し、樹脂容器と連通させ、前記成形型内と前記容器内の間に圧力差を生じせしめ、その差圧により、前記成形型内に樹脂を注入すると同時に前記不織布に樹脂を含浸し、硬化させることを特徴とする電波吸収体の製造方法。
特 開
2007-092716
翼構造体およびその製造方法 軽量、高剛性、高意匠で、かつ突風等の不意の荷重付加や疲労に対しても破損しにくく、仮に破損してしまった場合にも翼の飛散を適切に防止できるようにした安全な翼構造体およびその製造方法を提供する。
【解決手段】連続炭素繊維と熱硬化性樹脂組成物とを含んでなるFRP製剛性部材が、翼本体を形成する熱可塑性樹脂組成物により翼内部で保持されていることを特徴とする翼構造体。
特 開
2007-092266
皮革様シート状物ならびにその製造方法 本発明は、これまでにない高い耐光堅牢性を有し、かつ十分な物性、柔軟な風合い、滑らかなタッチ、品位、充実感を有する皮革様シート状物およびその製造方法を提供せんとするものである。
【解決手段】本発明の皮革様シート状物は、単繊維 繊度0.0001〜0.5デシテックスの極細短繊維 を含み、実質的に繊維 素材のみからなる染色された不織布構造体から構成され、かつ該繊維 素材が紫外線吸収剤を含有することを特徴とするものである。また本発明の皮革様シート状物の製造方法は、単繊維 繊度0.0001〜0.5デシテックスの極細繊維 を発生可能な極細繊維 発生型短繊維 をニードルパンチ法により絡合させた後に、極細繊維 を発生させて極細短繊維 不織布とし、次いで少なくとも10MPaの圧力で高速流体処理を行って再度絡合させ、染色し、次いで洗浄を行う皮革様シート状物の製造方法であって、該染色と同時または/およびその後に、該極細繊維 に紫外線吸収剤を含有させることを特徴とするものである。
特 開
2007-092234
導電性繊維およびそれを用いてなる繊維製品 従来にない高い導電性を有する繊維 およびそれからなる繊維 製品を提供する。
【解決手段】繊維表層の少なくとも一部分に導電層を有する平均抵抗率が1.0×〜1.0×[Ω/cm]、抵抗率の標準偏差の大きさが0.2以下の導電性繊維 であって、該導電層が少なくともポリエステル成分とカーボンナノチューブとからなる導電性繊維 。
特 開
2007-092232
プリフォームおよびプリフォームの製造方法 多方向に強化繊維糸条が配向しながら曲面追従性に優れた多軸ステッチ基材からなるプリフォームおよびそのプリフォームの製造方法を提供すること。
【解決手段】本発明のプリフォームは、多数本の強化繊維糸条が並行にシート状に配列して構成された層の少なくとも2層以上が交差積層されてステッチ糸にて一体化された多軸ステッチ基材が、1ないし複数枚積層されて二次曲面を有する形状に賦型されたプリフォームであって、少なくとも二次曲面に賦型された箇所においてステッチ糸の少なくとも一部が切断されていることを特徴とする。
特 開
2007-092231
温感変色センサーおよび消防衣服 消防作業等において、火災事の現場から発生する熱により変色しこの変色によりいち早く視覚により危険を感知することができ、人体を危険から守ることができる温感変色センサーおよび消防衣服を提供する。
【解決手段】40〜60で可逆的に変退色する温感変色性粒状物がバインダー樹脂を介して付与された布帛からなることを特徴とする温感変色センサー。
特 開
2007-092229
アクリル系複合繊維およびその製造方法 アクリル系繊維 の特徴である良好な染色性、風合いなどを保ち、繊維 の基本特性である単糸の強度、伸度を保持しながら、優れた高伸縮性を有するアクリル系合成繊維 およびその製造方法を提供する。
【解決手段】アクリル系重合体およびポリウレタン重合体が繊維 軸方向に沿って3層以上に接合された多層構造を有するアクリル系複合繊維 であって、該繊維 中のアクリル系重合体含有量が10重量%〜80重量%、ポリウレタン重合体含有量が90重量%〜20重量%であり、単糸の強度が2.0CN/dtex以上6.0CN/dtex以下であることを特徴するアクリル系複合繊維 およびその製造方法。
特 開
2007-092228
ポリエステル繊維の処理方法 アンチモン含有量が少ないか、あるいは含有しない、アンチモンを実質的に含まないポリエステル繊維 において、色調L値の低下なくb値を改善させることができるポリエステル繊維 の処理方法を提供する。
【解決手段】 アンチモンを含まないポリエステル繊維 において、ポリエステル繊維 と酸化性物質または還元性物質とを接触させることにより、色調b値を改善することを特徴とするポリエステル繊維 の処理方法。
特 開
2007-092227
ポリエステル芯鞘複合繊維およびその布帛 品位の優れた高発色性溶出型中空断面構造を有し、製糸工程や芯成分の除去安定性が良好なポリエステル芯鞘複合繊維 を提供する。
【解決手段】 0.1〜3モル%の5−スルホイソフタル酸金属塩を共重合したポリエチレンテレフタレートを鞘成分とし、4〜5.5モル%の5−スルホイソフタル酸金属塩を共重合したポリエチレンテレフタレートを芯成分とし、かつ繊維 横断面において該芯成分の一部が繊維 表面に露出しており、断面異形度が下記式(1)を満足することを特徴とするポリエステル芯鞘複合繊維 。1.5 A/B 3.3 ・・・(1) 但し、Aは繊維 横断面における芯成分の内接円の直径(μm) Bは繊維 横断面における鞘成分の開口部幅(μm)
特 開
2007-092205
ポリマアロイ繊維およびその製造方法ならびにナノファイバーの製造方法 ポリアミドからなるナノファイバー繊維を相互に分散した状態で、再凝集を生じることなく安定に得ることができる。
【解決手段】少なくとも2成分以上のポリマからなる海島構造繊維であって、海成分がポリ乳酸、島成分がポリ(ε−カプロアミド)を主成分として含有し、前記海成分のポリマ粘度より前記島成分のポリマ粘度が220〜250の範囲において100〜250Pa・s高く、かつ前記島成分の平均繊維径が50〜300nmであり、かつ島成分の繊維 径のばらつきが10〜30%であるポリマアロイ繊維 およびその製造方法ならびにナノファイバー。
特 開
2007-092204
ポリエステル系熱接着複合繊維およびその製造方法 ポリエステル製品を回収し再利用する際、安定して製造でき,不織布用途に好適な良好な接着性をもつ再生ポリエステル系熱接着性複合繊維を提供すること。
【解決手段】市中から回収したポリエチレンテレフタレート製品を解重合して得たビス−ヒドロキシエチルテレフタレートから再度重合されたポリエチレンテレフタレートを主成分とするポリエステルを芯成分とし、前記回収したポリエチレンテレフタレート製品を解重合して得たビス−ヒドロキシエチエルテレフタレートにイソフタル酸を加えて共重合させた低融点ポリエステルを鞘成分とし、かつ前記鞘成分には前記解重合由来のジエチレングリコール3〜6重量%を含有することを特徴とするポリエステル系熱接着複合繊維 。
特 開
2007-092185
炭素繊維前駆体繊維用ポリアクリロニトリル系重合体 生産性、プロセス性を損なうことなく、圧縮強度と引張弾性率の優れた炭素繊維を製造する方法を提供する。
【解決手段】3−ブテンニトリル,4−ペンテンニトリル,5−ヘキセンニトリル等の式1で示される化合物を共重合してなる炭素繊維前駆体繊維用ポリアクリロニトリル系重合体、およびそれから得られるアクリル系前駆体繊維を温度200〜300の酸化性雰囲気下で耐炎化処理し、予備炭化処理、不活性雰囲気下で炭化処理した炭素繊維 の製造方法。
特 開
2007-092184
パイル編織物 極細繊維 からなるパイル長さが一定で、外観品位が良好であり、さらに柔軟な風合いと適度な反発性の両立した低環境負荷のパイル編織物を提供する。
【解決手段】パイル部が平均単繊維 繊度0.001dtex以上1.1dtex以下の合成繊維 からなるパイル編織物であって、該パイル織物中に自己乳化型ポリウレタンを含有してなり、かつ該ポリウレタンがガラス転移温度−80以上0未満のカーボネート系ポリウレタンであることを特徴とするパイル編織物。
特 開
2007-092072
熱接着用基材が用いられてなるプリフォーム、および積層体の製造方法 他の構造部材と容易に一体化でき、かつ、接合される部材間の優れた接着強度有する積層体を与えることのできる熱接着用基材を得ること。また、力学特性、軽量性に優れ、かつ、廃棄時には容易に解体ができる一体化成形品を与えることのできる熱接着用基材を得ること。
【解決手段】 同種および/または異種の被着材を熱接着するための基材であって、明細書中に定義された積層体試験片のISO4587に基づく接着強度(S)が、温度100において、5.0MPa以上であり、かつ、温度200において、1.0MPa以下である熱接着用基材。
特 開
2007-091871
セルロース脂肪酸エステル組成物およびそれからなる繊維およびその製造方法 本発明の課題は、上記従来技術の問題点を解決し、鮮明発色性を有し繊維 間摩擦抵抗の低い、特にニットに代表される衣料用に適した繊維 のためのセルロース脂肪酸エステル組成物、およびそれからなる繊維 とその製造方法を提供することにある。
【解決手段】 アシル基の少なくとも一部が炭素数3〜18であるセルロース脂肪酸エステル70〜99.9重量%と高級脂肪酸モノカルボン酸エステル、脂肪酸アミド、シリコーン共重合体から選ばれる少なくとも1種を0.1〜5重量%とを少なくとも含んでなることを特徴とするセルロース脂肪酸エステル組成物であり、このセルロース脂肪酸エステル組成物を溶融紡糸することにより、良好な力学特性を有する繊維 を得ることができる。
特 開
2007-090811
繊維強化プラスチック部材および繊維強化プラスチック部材の製造方法 本発明により、軽量であり、強度や弾性率などの機械特性が優れ、なおかつ、複雑曲面においても平滑な表面を有する繊維 強化プラスチック部材を提供すること。また、軽量であり、強度や弾性率などの機械特性が優れ、なおかつ、複雑曲面においても平滑な表面を有する繊維 強化プラスチック部材を容易に製造可能な強化繊維 基材、および繊維 強化プラスチックの製造方法を提供すること。
【解決手段】次の構成要素[A]の少なくとも片面に、構成要素[B]を配設した繊維 強化プラスチック部材。[A]強化繊維 の体積含有率(Vf)が30〜85%の繊維 強化プラスチック本体層[B]引張破断伸びをεB(%)、引張強さをS(MPa)としたとき、εB≧5、かつS≧4である強化繊維 不織布を含み、その強化繊維 の体積含有率(Vf)が1〜30%にある繊維 強化プラスチック表面層
特 開
2007-086505
吸遮音材 軽量で作業性に優れ、自動車内外装材等として好適な、吸音性と遮音性を有する吸遮音材を提供する。
【解決手段】 厚さ3mm以下、JIS L 1096におけるカンチレバー柔軟性が270mm以下で実質的に通気量のない粘弾性シートと、目付200〜1000g/、厚さ5〜30mmの不織布の少なくとも片面に、目付30〜100g/、厚さ30〜300μm、通気量10〜50cc//secの湿式不織布または長繊維 不織布を貼り合わせた不織布からなる吸音材と、が積層されてなる吸遮音材。
特 開
2007-084977
極細合成繊維の製造方法 特定の吐出孔スペックでかつ特定配列の吐出孔を有する口金を紡糸冷却風の方向を考慮に入れて紡糸機に設置することにより、生産性を低下することなく、また、品質を悪化させることなく、細単糸繊度、多フィラメントの合成繊維 を製造することが可能な極細合成繊維 の製造方法および製造装置を提供する。
【解決手段】 5−スルホイソフタル酸金属塩とポリエチレングリコールを共重合したポリエステルからなるポリエステルフィラメント糸であって、かつ繊維 の単糸繊度が0.9dtex以下の極細合成繊維 を製造するに際して、吐出孔配列等を規定した特異な口金を使用し、特定条件の口金下の冷却風吹き出し処理をすることを特徴とする極細合成繊維 の製造方法。

出願人 公開番号 発明の名称 課題
クラレ 特 開
2007-107117
吸着性不織布 活性炭粒子を凝集させずに繊維樹脂内に存在させることで、樹脂内に高濃度の活性炭を包含させることを可能にし、さらには振動や摩擦が加わっても繊維から活性炭粒子が脱落することのない吸着性不織布を提供すること。
【解決手段】 熱可塑性繊維 形成性樹脂からなる第1成分100質量部に対し、重量平均分子量が5000以下のポリエチレンからなる第2成分を0.1〜20質量部、平均粒径が10μm以下である活性炭粒子を2.0〜120質量部含有する樹脂からなり、平均繊維 径が1〜50μmであることを特徴とする吸着性不織布。
特 開
2007-106454
梱包袋 穀物類などの食料や飼料、あるいは水に濡れることで損傷を受けるものを保管・貯蔵・搬送する際に用いる梱包袋であって、穀物類等を梱包したままで水に濡れたか否かの履歴がその外観から容易に判定できる梱包袋を提供する。
【解決手段】袋の一部あるいは全部に、水に濡れた際に濡れた個所が色移動する性質を有する着色繊維が使用されている梱包袋。
特 開
2007-100269
歯付きベルト用カバークロス及び歯付きベルト 高温の環境にて使用されても耐久性の高い歯付きベルトを得るためのカバークロス、および該カバークロスを用いた歯付きベルトを提供する。
【解決手段】 ベルト長手方向に補強用芯線が埋設され、ベルト長手方向に所定のピッチで複数の歯部が配置された歯付きベルトにおいて、該歯部の表面に被覆されており、かつ以下1)、2)を共に満足することを特徴とする歯付きベルト用カバークロス。1)カバークロスの耐熱老化性が90%以上であること、2)カバークロスを構成する繊維 がジカルボン酸成分の60モル%以上が芳香族ジカルボン酸であるジカルボン酸と、ジアミン成分の60モル%以上が炭素数6〜12の脂肪族アルキレンジアミンであるジアミンとからなる半芳香族ポリアミド繊維 であること。
特 開
2007-084954
積層体の乾熱収縮処理方法およびその方法を用いた人工皮革の製造方法 本発明の課題は、乾熱収縮率の異なる織編物と絡合不織布からなる積層体を乾熱収縮処理することにおいて、折れ、しわの発生および風合いを損なうことが無い乾熱収縮処理方法を提供する。
【解決手段】 織編物からなる層と該織編物と乾熱収縮率の異なる絡合不織布からなる層が絡合一体化された積層体を乾熱収縮処理する際に、該乾熱収縮率の低い層を構成する面側から熱風を吹き付けることを特徴とする積層体の乾熱収縮処理方法。

出願人 公開番号 発明の名称 課題
東洋紡績 特 開
2007-107126
積層不織布 剛性が高く、フィルター性能に優れたポリエステル系積層不織布の製造法であって、得られた不織布は特に粉塵濾過に適用されるフィルター用途に使用される。また、通気性が高く、濾過運転時の設備負荷が小さいフィルターの製造方法を提供する。
【解決手段】不織布A、不織布B、不織布Cを積層した不織布の製造方法であって、積層時に不織布Aおよび不織布Cの平滑面が不織布Bに接するように配置して、加熱加圧処理することを特徴とする。ここで不織布Aは繊維径が7〜20ミクロンの繊維 よりなる目付が10〜100g/のポリエステル系不織布であり、不織布Bは低融点ポリエステルからなる繊維と高融点ポリエステルからなる繊維とが混繊されて構成された目付が15〜200g/であることを特徴とする不織布もしくは低融点ポリエステルと高融点ポリエステルからなる複合繊維 を構成成分とした目付が15〜200g/であることを特徴とする不織布であり、不織布Cは目付が30〜200g/のポリエステル不織布である。
特 開
2007-107125
スパンボンド不織布 本発明は、柔軟性、耐磨耗性、耐熱性及び、ヒートシール性に優れたカイロ用包材や保温材などの分野に有用なスパンボンド不織布を提案するものである。
【解決手段】結晶性ポリエステル成分に、ガラス転移点温度が50以上の非晶性ポリエステル成分を1〜30重量%含有する樹脂組成からなる、単繊維 での繊度が0.5〜5dtexである連続繊維 が開繊された後、ドットで圧着され、熱圧着により潰された部分は個々に独立しており、熱圧着部の形成面積率が5〜40%で接合一体化されていることを特徴とするスパンボンド不織布。
特 開
2007-105163
使い捨てカイロ 本発明は、柔軟性、耐磨耗性、耐熱性及び、ヒートシール性に優れた使い捨てカイロを提案するものである。
【解決手段】本発明は、A)ポリエステル繊維 からなる不織布を表皮材に用いてなるカイロにおいて、該表皮材が、結晶性ポリエステル成分に、ガラス転移点温度が50以上の非晶性ポリエステル成分を0.5〜50重量%含有する樹脂組成からなる、単繊維 での繊度が0.5〜5dtexである連続繊維 が開繊された後、ドットで圧着され、熱圧着により潰された部分は個々に独立しており、熱圧着部の形成面積率が5〜40%で接合一体化されている不織布をもちいたことを特徴とする使い捨てカイロ
特 開
2007-100292
エアバッグ用織物 軽量でかつ通常の繊維間に塗布するレベルでは得られていない差圧100kPaという高圧下で低通気性能を有するエアバッグに適した樹脂加工織物を提供すること。
【解決手段】カバーファクターの値が2000〜2500であるエアバッグ用織物であって、樹脂を付与する方法において、水系エマルジョンによる含浸処理のみがされており、織物の表面および裏面に位置する単糸繊維 間に樹脂が存在し、織物に付与された樹脂量が5〜25g/であり、100kPa時の通気度がであるエアバッグ用織物。
特 開
2007-099338
酸素透過性を制御された袋 本発明は、柔軟性、耐磨耗性、耐熱性及び、ヒートシール性に優れた酸素透過性を制御された袋を提案するものである。
【解決手段】ポリブチレンテレフタレート、ポリプロピレンテレフタレートあるいはポリ乳酸のいずれかを主成分とするポリエステル繊維 からなる不織布とフラジール通気度が0.05〜2cc/秒の多孔フィルムが接合一体化されてなり、末端部がヒートシールされていることを特徴とする酸素透過性を制御された袋。
特 開
2007-091793
有機繊維強化ポリスチレンアクリロニトリル系共重合体樹脂組成物 強度・剛性、荷重たわみ温度、耐衝撃性などの物性が高く、サーマルリサイクルの場合でも、焼却残渣がなく環境にやさしいポリスチレンアクリロニトリル系共重合体組成物を提供することにある。
【解決手段】 ポリスチレンアクリロニトリル系共重合(A)100質量部対して、融点が200以上の有機繊維 (B)5〜150質量部を含有することを特徴とする有機繊維強化ポリスチレンアクリロニトリル系共重合体樹脂組成物である。さらに、ポリスチレンアクリロニトリル系共重合体(A)が、ブタジエンおよび/又はアクリル酸エステルにグラフトされたものが好ましく、ポリエチレンテレフタレートを芯に、ポリスチレンアクリルニトリル系共重合体を鞘とした複合繊維を使用することにより本発明はより効果的に達成される。
特 開
2007-091792
有機繊維強化ポリプロピレン樹脂組成物 耐衝撃性や強度・剛性が高く、リサイクル使用可能なポリプロピレン樹脂組成物を提供することにある。
【解決手段】 ポリプロピレンおよび/又は70モル%以上のポリプロピレンを含むポリプロピレン共重合体(A)100質量部に対して、カルボキシル基、無水カルボン酸基、カルボン酸塩基、エポキシ基、イミノエーテル基の中から選ばれた1種以上の極性官能基を有する化合物により変性されたポリオレフィン樹脂(B)1〜80質量部、および融点が245以上の有機繊維 (C)5〜100質量部含有したことを特徴とする有機繊維 強化ポリプロピレン樹脂組成物、および前記組成物中に、前記ポリプロピレン共重合体(A)100質量部に対して、クレイ、カオリン、タルク、ワラストナイト、ガラス繊維 の中から選ばれた1種類以上の結晶無機化合物(D)1〜100質量部をさらに含有したことを特徴とする有機繊維 強化ポリプロピレン樹脂組成物である。
特 開
2007-091791
ポリエステル繊維強化ポリスチレンアクリロニトリル系共重合体樹脂組成物 成形性に優れ、強度・剛性、荷重たわみ温度、耐衝撃性などの物性が高く、サーマルリサイクルの場合でも、焼却残渣がなく環境にやさしいポリスチレンアクリロニトリル系共重合体組成物を提供することにある。
【解決手段】 ポリスチレンアクリロニトリル系共重合体(A)100質量部対して、融点が130〜220の範囲にある共重合ポリエステル(B)1〜80質量部、および融点が245以上のポリエステル繊維 (C)5〜150質量部を含有することを特徴とするポリエステル繊維 強化ポリスチレンアクリロニトリル共重合体樹脂組成物である。ポリエステル繊維 を芯に、共重合ポリエステルを鞘にした複合繊維 を使用することが好ましい。
特 開
2007-091790
有機繊維強化ポリ乳酸樹脂組成物および成形品 強度・剛性や荷重たわみ温度が高く品質が安定し、成形性と機械的性質と耐熱性、さらにはリサイクル性、環境負荷低減性においても優れたポリ乳酸樹脂組成物を提供する。
【解決手段】 ポリ乳酸および/又は乳酸を80モル%以上含むポリ乳酸共重合体(A)100質量部に対して、クレイ、カオリン、タルク、ワラストナイト、ケナフの中から選ばれた少なくとも1種の結晶核剤(B)1〜100質量部、高級脂肪酸塩および/又はエステル(C)0.05〜3質量部、および融点が245以上の有機繊維 (D)5〜100質量部含有したことを特徴とするポリエステル繊維 強化ポリ乳酸樹脂組成物である。好ましい態様は、有機繊維 (D)としては、融点が245以上のポリエチレンテレフタレートを芯に、融点が100〜200の樹脂を鞘とした複合繊維 を使用する。また、この樹脂組成物を成形して得られる相対結晶化度80%以上の成形品である。
特 開
2007-089858
保温積層体 人体とのフィット性を向上させ、人体の空間(隙間)を少なく留め体位変化(寝返りなど)による空間空気の移動量を少なくし保温性を高め、両面リバーシブル構造とし一年中使用可能な掛け布団、膝掛けなどの寝具用途等に好適な保温積層体を提供すること。
【解決手段】親水性繊維 を含む紡績糸からなる高密度織物A、疎水性合成繊維 マルチフィラメント糸からなる高密度織物B、親水性繊維 を含む紡績糸を用いてなる立毛布帛Cを積層し、高密度織物Aと高密度織物Bの間に中綿が充填されてなり、高密度織物Aと立毛布帛Cが表皮層をなす積層体であって、積層体嵩比重が35000g/以上60000g/以下、立毛布帛Cを肌側とした際のASTM法による保温性が80%以上、Clo値(真のClo値)が4.5Clo以上である保温積層体。
特 開
2007-084708
ポリエステルの製造方法、固相重縮合法および高強力ポリエステル繊維 極めて単純で精度および信頼性の高い方法でエステル化反応を制御することで、高品質のポリエステルおよび高強力ポリエステル繊維を安定的に製造する方法を提供すること。
【解決手段】芳香族ジカルボン酸とグリコールをスラリー調製槽にて混合しスラリーとなし、該スラリーのスラリー流量を設定値±3%以内に制御して定量供給してエステル化反応を行い、得られたポリエステル低重合体を続いて重縮合反応槽に供給して重縮合することによりポリエステルを連続製造する方法であって、該ポリエステル製造工程より留出するグリコールを該ポリエステルの製造工程内設けた蒸留塔で、水を主成分とした低沸点留分を分留除去し、蒸留塔底部より取り出される残留分を回収グリコールとして循環再使用するポリエステルの製造方法において、蒸留塔の塔頂圧力を10〜300kPaの範囲に設定することを特徴とする。
特 開
2007-083923
ダッシュインシュレーター 軽量で厚みが薄いにも関わらず吸音特性および遮音特性に優れ、成形時の絞り部での変形が大きくても千切れることのない成形性の良いダッシュインシュレーターを提供する。
【解決手段】 繊維径が7ミクロン以上25ミクロン以下の繊維 から形成される目付が200〜1000g/、厚みが2〜10mmの不織布であって、片方の表面から厚みの1/2以下までにある繊維間隙が樹脂により充填されており、通気度が0.5〜22cc/・秒である不織布Aと、厚みが30〜200ミクロンの樹脂フィルムBと、厚みが5〜40mmかつ充填率が2〜15%の不織布Cとが複合されてなることを特徴とするダッシュインシュレーター。

出願人 公開番号 発明の名称 課題
旭化成 特 開
2007-105688
覆土代替材料 廃棄物表面との密着性が高くまた飛散する可能性の少ない廃棄物処理場の使用効率を上げることができる覆土代替構造物を提供する。
【解決手段】構成単糸繊度が0.05〜2.8dtex、目付けが10〜300g/、吸水倍率が自重の5倍以上を有する不織布からなる、廃物物処理場において使用される覆土代替用材料。
特 開
2007-099307
特殊氷用袋体 オゾン、過酸化水素等を含有する特殊氷の揮散ガスを袋体の外部に放出でき、且つ、解凍水を袋体の外部に漏らさないことを兼ね備えているシート状物からなる特殊氷用袋体を提供する。
【解決手段】通気度1cc//sec(JIS-L-1096)以上、耐水圧700mmPa以上である、熱可塑性合成繊維不織布からなるシート状物を袋状に形成した特殊氷用袋体。
特 開
2007-095668
セパレータ及びその製造方法 多くの電池類やキャパシタ、自動車駆動用電源に代表される大型リチウムイオン電池の過熱時の安全性を向上させることができる布帛状セパレータの提供。
【解決手段】無機粉体を40質量%以上95質量%以下含有する熱可塑性繊維 からなる布帛からなることを特徴とするセパレータ。

出願人 公開番号 発明の名称 課題
ユニチカ 特 開
2007-107122
ポリ乳酸繊維 生分解性を有しているのはもちろんのこと、十分な耐屈曲摩耗性を有し、紡糸、延伸、後加工工程での工程通過性も良好であり、優れた強伸度等の繊維 特性を有しているおり、このため、衣料用途のみならず、産業資材用途にも好適に用いることが可能となるポリ乳酸繊維 を提供する。
【解決手段】ポリ乳酸を主成分とし、ポリテトラフルオロエチレン樹脂粉末を繊維 質量に対して0.01〜15質量%含有していることを特徴とするポリ乳酸繊維 。
特 開
2007-098195
生物接触ろ材および水処理方法 好気性排水処理における固定床として利用でき、保守が容易で、被処理水中の有機物の除去性能に優れた生物処理装置用ろ材を提供するため、強度が高く長寿命であり、活性炭繊維 シートに付着した生物膜の全面に万遍なく排水を接触させ、かつ万遍なく酸素を補給させることができる生物接触ろ材およびこれを用いた水処理方法を提供する。
【解決手段】波板状シートと平板状シートとが重ね合わせて接合され、両シート間に透孔が形成されてなる成型構造体から構成されるろ材であって、上記波板状シートおよび平板状シートのいずれもが、繊維 シートに網状の補強シートが積層かつ接着されてなり、上記波板状シートまたは平板状シートの少なくとも一方における繊維 シートが、活性炭繊維 を5〜95質量%含有していることを特徴とする生物接触ろ材。
特 開
2007-084988
ポリ乳酸系長繊維不織布およびその製造方法 構成繊維 の製糸性および開繊性が良好で、スパンボンド法によって製造することが可能であり、得られた不織布は、機械的物性に優れるとともにヒートシール性を併せ持つ、生分解性の不織布およびその製造方法を提供する。
【解決手段】複合繊維 を構成繊維 としてスパンボンド法により形成された不織布である。複合繊維は、融点が150以上のポリ乳酸系重合体と、このポリ乳酸系重合体よりも低融点の脂肪族ポリエステル共重合体とを含むとともに、脂肪族ポリエステル共重合体が繊維表面の少なくとも一部を形成している。脂肪族ポリエステル共重合体は、脂肪族ジオールと脂肪族ジカルボン酸と脂肪族ヒドロキシカルボン酸とを構成成分とするとともに、架橋している。
特 開
2007-084959
コーティング布帛及びその製造方法 耐久性に優れた意匠性を有するコーティング布帛とその製造方法とを提供することを課題とする。
【解決手段】 繊維布帛の片面上に、ポリウレタン樹脂を主体とする多孔質である第一の樹脂層が非全面状にコーティングされ、その上から、ポリウレタン樹脂を主体とする第二の樹脂層が全面状にコーティングされてなるコーティング布帛、並びに繊維 布帛の片面上にポリウレタン樹脂と発泡剤とを含む重合体溶液を非全面状に乾式コーティングする第一工程と、熱処理により前記発泡剤を発泡させる第二工程と、ポリウレタン樹脂を含む重合体溶液を用いて全面状に乾式コーティング又は湿式コーティングする第三工程とを含んでなるコーティング布帛の製造方法。
特 開
2007-082796
タフテッドカーペット一次基布およびその製造方法 製造工程での取り扱いが良好で、かつ、消臭耐久性に優れるカーペットを提供することを課題とする。
【解決手段】 長繊維群が集積した不織布にバインダーが付与されたタフテッドカーペット一次基布であり、バインダー中には、鉄(二価)キレート化合物が含まれることを特徴とするタフテッドカーペット一次基布および前記一次基布にパイル糸が植設されてなるタフテッドカーペット。鉄(二価)キレート化合物は、鉄(二価)化合物とエチレンジアミン四酢酸成分とが結合したものであることが好ましい。

出願人 公開番号 発明の名称 課題
三菱レイ

特 開
2007-107154
芯鞘複合繊維の製造方法 優れた耐久性を有する温度調節機能が付与され、強度・伸度・染色性・風合い等の基本的な繊維 性能を具備した芯鞘複合繊維 を製造できる製造方法を提供する。
【解決手段】芯部及び鞘部にアクリロニトリル系重合体を含有する芯鞘複合繊維 の製造方法であって、化学式(1)に示される主鎖部X、結合部Y及び側鎖Zから構成され、側鎖Zが結晶化・非結晶化し得る結晶性重合単位を含む重合体(A)と、アクリロニトリル系重合体(B)と、ポリオキシエチレン直鎖アルキルエーテル化合物(C)とを溶剤に溶解して芯成分紡糸原液を調製し、アクリロニトリル系重合体(B´)を溶剤に溶解して鞘成分紡糸原液を調製し、前記芯成分及び鞘成分紡糸原液を芯鞘型紡糸口金から吐出して紡糸を行うことを特徴とする芯鞘複合繊維の製造方法である。
特 開
2007-106013
内装材の製造方法 光の反射が押圧跡により適度に抑えられ、2m離れたところから見ても炭素繊維織布がよく見え、床材、壁材として好適な内装材を製造する方法を提供する。
【解決手段】 離型処理を施した平板上に、炭素繊維 織布に熱硬化性樹脂を含浸したシート状中間材料を配置し、その上に厚みが10〜50μmの平滑な離型フィルムと、25〜75デニールのマルチフィラメントを打ち込み本数80〜160本/インチで製織した織布とを重ねた後、これらを通気性のないフィルムで覆い、平板と通気性のないフィルムとで覆われた内部を脱気するとともに、加熱して熱硬化性樹脂を硬化する、内装材の製造方法である。
特 開
2007-092239
ポリプロピレン繊維及び織編物 後加工での分散染料等により濃色に染色が可能で、かつ紡糸安定性に優れたポリプロピレン繊維を提供し、またその繊維 にて構成された織編物を提供する。
【解決手段】下記の成分(A)、成分(B)及び成分(C)を含有し、成分(A)の含有量が熱可塑性樹脂組成物全量に対し5〜15質量%、成分(B)の含有量が熱可塑性樹脂組成物全量に対し2.5〜25質量%である熱可塑性樹脂組成物からなるポリプロピレン繊維 にあり、また、その繊維 にて織編物とする。(A)飽和ポリエステル樹脂。(B)未変性ポリプロピレンに、水酸基を有するα,β−不飽和カルボン酸エステル及び芳香族ビニル化合物がグラフト重合され、かつα,β−不飽和カルボン酸エステルに対して芳香族ビニル化合物が等モル以上でグラフト重合された変性ポリプロピレン樹脂。(C)未変性ポリプロピレン樹脂。
特 開
2007-092218
炭素繊維前駆体繊維束及びその製造方法 ラージトウの製造であっても、製造コストが低く、生産性に優れ、糸切れ、毛羽の発生が少ない炭素繊維前駆体繊維束の製造方法及びその方法で製造された炭素繊維 前駆体繊維 束を提供する。
【解決手段】炭素繊維前駆体繊維の小トウの複数本を合糸して、炭素繊維前駆体繊維の集合トウを得る炭素繊維前駆体繊維束の製造方法であって、前記小トウの複数本を沸水中に併走させて、2%以上10%以下の緩和率で該小トウの複数本を緩和する工程と、湾曲ガイドを用いて、前記小トウの複数本の幅方向の端部において隣り合う小トウ同士が5〜50%の幅でオーバーラップするように、該小トウの複数本を合糸して集合トウを得る工程と、を有する方法により炭素繊維 前駆体繊維 束を製造する。
特 開
2007-084950
高速液流貫通装置及び同貫通装置を備えた各種の繊維処理装置 連続走行する繊維構造体に対してその幅方向に均一な液体処理を行えるノズルヘッダーと、同ノズルヘッダーを備え、動力エネルギーの低減が実現できる高速液流貫通装置と、同高速液流貫通装置が適用された各種の液体処理装置を提供する。
【解決手段】繊維処理液体の噴射用ノズルヘッダー(1) を、一端に給液源との接続部を有するとともに、他端を閉塞した内径が一律の主管(2) と、同主管(2) から略直角に分岐する複数のノズル(3) とを有している。前記主管(2) から分岐するノズル(3) の基端(3a)における内径dと前記主管(2) の内径Dとの比の値が0.60以下に設定して、主管(2) の液体導入側と閉塞側との間の圧力差を低減させる。なお好ましくは、前記ノズル(3) の基端(3a)から先端にかけて、その開口面積を変えることなく、漸次偏平化させることにより、更に前記圧力差がなくなる。

出願人 公開番号 発明の名称 課題
セ|レン 特 開
2007-107156
血流促進効果を有する布帛及びそれを用いた繊維製品 着用時に血流促進効果、それによるあたたか効果を与えることを特徴とする布帛及びそれを用いた繊維製品を提供すること。また、その洗濯耐久性を備えた布帛及びそれを用いた繊維製品を提供すること。
【解決手段】布帛表面に、粒径10μm以下の、酸化ゲルマニウム微粒子と珪酸ジルコニウム微粒子とを付着させたことを特徴とする布帛及びそれを用いた繊維 製品。酸化ゲルマニウム微粒子と珪酸ジルコニウム微粒子との比率が、1:10〜1:7であることが好ましい。
特 開
2007-100270
高収縮繊維 沸騰水収縮率が高く、織物として用いた際に高密度を得ることの出来る高収縮繊維 を提供すること。
【解決手段】ナイロンMXD6ポリマーとナイロン6ポリマーからなる繊維 であって、それぞれの重量比率が35:65〜70:30、破断強度が4.00cN/dtex以上であることを特徴とする高収縮繊維 。好ましい態様として、上記高収縮繊維 のナイロンMXD6ポリマーとナイロン6ポリマーの重量比率が45:55〜55:45であるものが挙げられる。
特 開
2007-098868
形態保持性成形体 形態保持性成形体として、使用時の形態上の位置ぶれを生じず、形態変更度の大きい場合も対応可能な成形体を提供すること。
【解決手段】 ガスバリア性及び伸縮性を有する袋状包装体内に、多数の詰め物を収容してなり、上記袋状包装体は多数の詰め物を集合体として形状保持できる程度に内部の空気を抜いた状態が得られるようにしてなる成形体において、上記袋状包装体が、ガスバリア性及び伸縮性を有するフィルムと伸縮性を有する繊維構造体とを一体化してなる複合体であり、上記袋状包装体の外層部が上記繊維構造体であることを特徴とする形態保持性成形体。
特 開
2007-092217
着色弾性繊維不織布 弾性繊維 不織布は、優れた伸縮性と柔軟性を備えているものの、引張り強度、引裂き強度が小さいことが問題となってきた。また、弾性繊維 は染色堅牢度において色落ち、退色などに問題があった。これらの欠点を解消し、優れた伸縮性能を備えていると共に高い引張り強度、高い引裂き強度を兼ね備え、かつ染色堅牢度に優れる着色された弾性繊維 不織布を提供すること。
【解決手段】弾性不織布を顔料が分散されたポリウレタン溶液またはポリウレタンエマルジョン溶液を塗布又は含浸した後に湿式処理又は乾式処理して顔料を繊維 表面に固着させることにより、優れた伸縮性能を備えていると共に高い引張り強度、高い引裂き強度を兼ね備え、かつ染色堅牢度に優れる着色された弾性繊維 不織布とする。

出願人 公開番号 発明の名称 課題
大和紡績 特 開
2007-098370
複層フィルター 本発明は、厚みが厚くて高目付であってもエレクトレット化が可能であり且つ使用中に繊維 の脱落が少なく、長期間の使用にあっても圧損が少ない複層フィルターを提供する。
【解決手段】 本発明の複層フィルターは、融点が異なる二種以上の熱可塑性樹脂成分を有し且つこれらの熱可塑性樹脂成分のうちで相対的に低い融点を有する熱可塑性樹脂成分が熱接着成分として表面の一部を占めてなる複合繊維 を構成繊維 として含有し、複数本の複合繊維 同士を部分的に凝集一体化させて繊維 塊が形成され、この繊維 塊によって表面に凸部が形成されてなるメルトブローン不織布Aと、このメルトブローン不織布の一面に積層一体化され且つ繊維 径が15μm以上の繊維 を構成繊維 として含む不織布Bとからなる積層不織布を複数枚、剥離可能に積層一体化してなることを特徴とする。

出願人 公開番号 発明の名称 課題
カネカ 特 開
2007-107110
人工毛髪 難燃性ポリエステル繊維 、難燃性ポリプロピレン繊維 、難燃性ポリアミド繊維 等に、風合いの改善等を目的として繊維 処理剤で処理したときの著しい易燃化(難燃性の低下)が軽減された、触感、櫛通り性、耐シャンプー性に優れた難燃性人工毛髪用繊維 を提供する。
【解決手段】 難燃化ポリエステル繊維 、難燃化ポリプロピレン繊維 、難燃化ポリアミド繊維 等に、常温架橋型ポリオルガノシロキサン系繊維 処理剤を付着させることにより、加熱処理を行なう必要がないため、繊維 処理剤塗布後の乾燥工程を短縮させ、熱履歴を低減でき、触感に優れ、櫛通り性、耐シャンプー性および難燃性に優れた人工毛髪用繊維 を得ることができる。
特 開
2007-105403
難燃性不織布およびそれを用いた難燃性マットレス 本発明は、従来の難燃性不織布では解決が困難であった課題、すなわち、加工性や風合い、触感が良好で意匠性が高く、米国タバコ試験16CFR part1632に合格するマットレス、さらには、米国タバコ試験16CFR part1632と共に米国カリフォルニア州燃焼試験TB603に合格するマットレスを得る。
【解決手段】不織布を構成する繊維 が、ハロゲン含有繊維 (A)40〜90重量%、及びポリエステル系繊維 (B)10〜60重量%からなる難燃性不織布、あるいは、ハロゲン含有繊維 (A)40〜90重量%、ポリエステル系繊維 (B)10〜60重量%、及び難燃セルロース系繊維 (C)0〜50重量%を含有する難燃性不織布を、マットレスの内部構造体を保護するために用いる。
特 開
2007-100237
難燃性ポリエステル系人工毛髪 紡糸安定性に優れ、通常のポリエステル繊維 の強伸度など繊維 物性を維持し、セット性、触感、くし通りに優れ、高い難燃性を有するポリエステル系人工毛髪を提供することを目的とする。
【解決手段】ポリエステルに対し、臭素含有難燃剤、アンチモン系化合物および塩基性無機化合物を特定割合で含んでなる組成物を溶融紡糸することにより、紡糸時のゲル発生を抑制し、紡糸安定性に優れ、通常のポリエステル繊維 の強伸度など繊維 物性を維持し、セット性、触感、くし通りに優れた難燃性ポリエステル系人工毛髪が得られる。
特 開
2007-084952
難燃性ポリエステル系人工毛髪 溶融紡糸加工時のゲル発生を抑制し、通常のポリエステル繊維 の耐熱性、強伸度など繊維 物性を維持し、セット性、触感、くし通りに優れ、高い難燃性を有するポリエステル系人工毛髪を提供することを目的とする。
【解決手段】ポリエステルに臭素含有難燃剤、アンチモン化合物、エステル交換抑制剤を含んでなる組成物を溶融紡糸することにより、紡糸時のゲル発生を抑制し、紡糸安定性に優れ、通常のポリエステル繊維 の耐熱性、強伸度など繊維 物性を維持し、セット性、触感、くし通りに優れた難燃性ポリエステル系人工毛髪が得られる。
特 開
2007-084951
難燃性ポリエステル系人工毛髪 溶融紡糸加工時のゲル発生を抑制し、通常のポリエステル繊維 の耐熱性、強伸度など繊維 物性を維持し、セット性、触感、くし通りに優れ、高い難燃性を有するポリエステル系人工毛髪を提供することを目的とする。
【解決手段】ポリエステルに臭素含有難燃剤、アンチモン化合物、末端封止剤を含んでなる組成物を溶融紡糸することにより、紡糸時のゲル発生を抑制し、紡糸安定性に優れ、通常のポリエステル繊維 の耐熱性、強伸度など繊維 物性を維持し、セット性、触感、くし通りに優れた難燃性ポリエステル系人工毛髪が得られる。

出願人 公開番号 発明の名称 課題
日本エクスラン 特 開
2007-092270
改良されたアクリル系複合繊維の製造法 アクリル系繊維 本来の風合いや染色性を維持しつつ、新たな機能を有し且つ紡・編み等の後加工にも耐える複合繊維を提供する。
【解決手段】それぞれ特定の機能性物質を含有し、粘度の異なるアクリル系A成分及びB成分を、A−B−Aの3層積層構造として紡糸口金に導くアクリル系複合繊維 の製造方法。【効果】例えば、A成分に挟まれたB成分の中に芳香機能を発現する物質が含有される場合なら、繊維全域に含有される時よりも芳香の持続性に優れる。

出願人 公開番号 発明の名称 課題
東邦テナッ
クス
特 開
2007-100241
炭素繊維混合酸化繊維フェルト、炭素繊維フェルト、及びそれらの製造方法 目付、嵩密度が低減化され、電解質水溶液の透過性が良好で且つ厚さ方向の導電性が良好な炭素繊維 フェルト及びその中間原料の炭素繊維 混合酸化繊維 フェルトの製造方法を提供する。
【解決手段】 主原料として繊維 直径が9〜20μmのポリアクリロニトリル(PAN)系酸化繊維 ステープル65〜95質量%と、副原料として炭素繊維 ステープル5〜35質量%との混合物をニードルパンチ処理することにより、中間原料の炭素繊維 混合酸化繊維 フェルトを製造する。この炭素繊維 混合酸化繊維 フェルトを不活性雰囲気下、1300〜2300で焼成することにより、所期物性の炭素繊維 フェルトを製造する。
特 開
2007-084953
熱処理炉及び熱処理方法 熱収縮による皺やうねり等を除くと共に、タール付着の問題を生ずることなく炭素繊維 シートを連続生産できる熱処理炉を提供する。
【解決手段】 炉2内を走行する原料薄層シート30を熱処理して炭素繊維 シート30にする熱処理炉2であって、原料薄層シート入口部4を形成した上流側炉壁6と、炭素繊維 シート出口部8を形成した下流側炉壁10と、炉2内を上流炉部14と下流炉部16とを仕切ると共にシート搬送窓18を形成した隔壁12と、上流炉部14に備えた1以上の排ガス処理室34と、炉2内の下流炉部16に備えた1以上の加熱手段28a、28b、28cと、炉2内の下流炉部16のみに設けられた1以上の面圧付与手段26a、26b、26cとを有する熱処理炉とする。

出願人 公開番号 発明の名称 課題
日東紡績 特 開
2007-092822
無機繊維断熱材及びその製造方法 ホルムアルデヒド捕捉剤を過剰に使用することなく、無機繊維断熱材の内部にまで良好に浸透させ、ホルムアルデヒド捕捉剤を断熱材の全域にきわめて均等に分布させた無機繊維断熱材及びその製造方法を提供する。
【解決手段】 無機繊維 にバインダーを添加してマット状に堆積し、無機繊維 ウェブ2Aを形成し、次いでバインダーを硬化させて無機繊維 マット2Bを形成し、その後、その無機繊維 マット2Bに対して、ホルムアルデヒド捕捉剤の溶液を、平均液滴径が1〜20μmの霧状として噴霧し、マット内に良好に浸透させて均一に付着させる構成とする。



目次ページへ トップページへ戻る

当ウェブサイト上の掲載情報、画像(写真)等の無断複写・転載を禁止します。