2009年6月号

T.繊維学会誌、繊維機械学会誌等に2009年5月号で掲載された化学繊維素材の紹介記事

1.繊維学会誌 繊維と工業 Vol.65,No.5(2009)

特集 産業資材


 1)繊維屑の再利用 木村照夫 p142〜p145

繊維屑のマテリアルリサイクルについて解説している。@プラスチック成形素材としての合成繊維屑のリサイクル、(PET/PE芯鞘繊維屑を直接射出成形機に投入し、PETの繊維形状を保ったまま、PEを溶融させ、PET繊維で補強されたPE樹脂を得る実験で、PE単体の2倍の強度が得られた)、A複合材料強化材としての天然繊維屑のリサイクル、B木材代替材料としてのボロのリサイクル(繊維屑を開繊し、バインダーとなるPP繊維を混ぜ、加熱圧縮成形する。釘が打てて、鋸での切断が可能な材料が得られた)


 2)四軸織物の特性 小河原 敏  p146〜p149

産業資材用に開発した四軸織物について、@機械的特性、A自動織機の特性、B用途開発について概説している。

四軸織物の概念図
図 四軸織物の概念図

 3)スポーツシューズの要求機能と使用素材 西脇 剛史 p150〜p153

スポーツシューズの構造、要求機能、要求機能を発現させるための設計(通気性、軽量性、フィット性)、機能材料に関する評価について解説している。

表 スポーツシューズの要求機能と設計対象部位
機能性 求められる機能 主な設計対象部位
屈曲性 蹴りだし時(踵上昇時)の足沿いの良さ ソール前足部
安定性 設置中の足部、 ミッドソール中足部
衝撃緩衝性 設置開始時の地面反力の緩和 ドソール踵部
通気性 シューズ内の温湿度を制御 アッパー
軽量性 シューズの重量軽減 ソール+アッパー
耐久性 シューズの使用可能期間の増大 ソール+アッパー
グリップ性 路面環境を問わずスリップによる怪我の抑制 アウターソール
フィット性 はき心地の向上 アッパー

 4)組物とその産業資材としての応用  上田 隆久・大谷 章夫 p154〜p158

組物の定義、複合材料の強化形態への応用、組物設計、(工業用パッキン、ゴルフシャフトおよびその他構造部材)について解説している。

平打組物  丸打組物
図 平打組物図 丸打組物

 靴内気候と快適性 三ツ井 紀子 p166〜p170

表題に関して、足部快適性への靴下の影響、靴の構成素材による快適性、靴内水分量と着用者の各種主観的感覚、靴内汗成分の挙動と蓄積、靴開口部による足部の快適性に分けて解説している。日常生活における中程度の発汗では、靴下と靴の型や素材の差異は口腔温や心拍数に特に影響を及ぼしていなかったが、靴下、靴内の温度や湿度、靴構成素材、靴の開口部は靴着用者の主観的感覚に影響を及ぼしていた。足を健康に保つためには靴や靴下の性能は重要である。


2.繊維機械学会誌  Vol.62,No.5(2009)

特集 染色加工装置の省エネ動向(その2) 繊維機械学会誌 Vol.62,No.5(2009)


 1)衣料用途分野の世界の省エネルギー織編物染色加工機械 山本 俊雄 p275〜p280

連続洗浄、A洗浄排水からの熱と水の回収、B連続精練漂白装置、Cマーセル化、Dリラックス加工、E染色機械、Fその他の染色機・後処理装置、G脱水、H乾燥、Iヒートセットテンター、J蒸気発生・供給に分けて省エネ機械及び省エネのポイントを解説している。


 2)連続染色加工装置の省エネルギー  山東 幸司 p281〜p285

@連続染色加工装置、A毛焼装置、B糊抜き・精錬装置、C漂白装置、Dマーセライズ装置、E洗浄・乾燥装置に分けて省エネ装置のポイントを紹介している。


 3)染色機械の省エネルギー 滝川 正夫 p286〜p291

@反染め用染色機の省エネの取り組みの経緯、A脱水・省エネに対する取り組みの考え方、今後の開発への取り組みについて解説している。Aには、染色加工液量の低浴比化、染色機の大容量化による低浴比化、加工時間短縮による節水と省エネがある。


 繊維製品の抗菌防臭加工とその効力評価法 中島 照夫 p292〜p299

抗菌防臭加工の基礎知識、抗菌力の評価方法、(@繊維製品の抗菌性試験方法・抗菌効果JIS L 1902、A菌転写法)について詳述している。


製品紹介

 エルタス個性派シリーズ 岩崎 博文 p300〜p306

エルタスは、旭化成のNy、PET、PPのスパンボンド不織布の商標である。エルタスシリーズとして、@チップブレンドによる改良品、A紡糸技術による改良品、B後加工技術による改良品を紹介している。


U.化繊協会加盟会社の直近1カ月の特許出願状況 (2008年5月公開分)

PDFファイルをご覧ください(459KB)

目次ページへ トップページへ戻る

当ウェブサイト上の掲載情報、画像(写真)等の無断複写・転載を禁止します。